砥石城跡

 

 『米山城』から分岐まで引き返し、次に向かうは『砥石城跡』

 

 誰が造ってくれたのか延々と階段が続きます。

 

 (市の受注を受けた建設業者でしょうけど)

 

 『クローラー』という運搬車は、ゴム製の無限軌道キャタピラー(固有名詞だっけ)のお陰で登坂能力も抜群。

 

 富士山で働く人の移動手段や、負傷者の搬送、各山小屋への荷揚げも行います。

 

 この階段に使用されている『心材入りプラスチック樹脂』も『クローラー』で運ばれたんでしょう。(ヘリで荷上げもあるかも)

 

 

 お陰でぬかるんだ時でも安全に昇れるんです。

 

 さもなければ滑って大変。

 

 『木」は垂直に伸びますので、坂の斜度は推測できます。

 

 結構きつかったです。小学校の遠足地なのに………。

 

 

 一番狭い所では『チョモランマ』の『ヒラリーステップ』宜しく(規模は1/100)、岩の切通しになっており、人がひとりしか通れません。

 

 基本坂道では『登り優先』です。(ケースバイケース)

 

 城跡まで馬では駈上れず、鎧兜を身に着けていれば走って登る事も無理。

 

 天然の要塞の意味が良く解ります。だって手ぶらで登ってもゼーハーゼーハー。

 

 

 やがて頂上部の広場に到着。

 

 『城郭』などの建物は一切残されていません。

 

 ま、一息入れてから散策です。