白砂青松

 

 ホントは海岸の『白い砂』と『松の緑』のコントラストが、互いに引き立てあう景勝の事を云いますが。

 

 

 玉砂利で覆われた広場には、『ゴミ』どころか『葉っぱ』一枚落ちていません。

 

 『能舞台』の裏に植えられた松が風にそよいで実に清々しいです。

 

 

 更に進んで石段の奥、注連縄を潜りまして。

 

 『天照大神』の祀られた『本殿』は『礼拝所』の更に奥、一般人立ち入り禁止の聖域です。

 

 

 500円を収めて『焚き上げ護摩』の『祈願木』に祈願文を書きます。

 

 『新型コロナウイルス』が一刻も早く収束します様に。

 

  世界から戦争がなくなります様に。

 

 などとあれこれ考えた挙句に書いたのは

 

 『商売繁盛』 (だってスペース限られてるんだもん)

 

 

 

 白い砂利に付けられた『箒目』も鮮やかです。(熊手で付けるのに箒目?)

 

 左右には『右近の橘  左近の桜』の垣根に囲われた桜です。

 

 『雛飾り』でも最近は、向かって左が『お内裏様・男性』のパターンが多いですけど、正式には向かって右側です。

 

 結婚式が洋風になってきた為、エスコートの関係で男性が右、女性は左になってきました。

 

 『宮中行事』などでも『男女平等』の考えから臨機応変みたいです。

 

 警護する『左大臣・右大臣』も『お内裏様・男性』に近い方が位が上。

 

 来ている服も『左大臣』は『赤系統』と決まっています。

 

 そもそも警護の為に弓・刀を構えているのですから、♬赤いお顔の右大臣 なんて事したら即クビですね。

 

 ハイ。無駄な知識をひけらかしてみただけです。