千古の滝

 

 中学生になった時、長野県下の割と詳しい地図帳を貰った。

 

 天竜峡に合流する川『万古川』や真田の里の『千古滝』なんてのを見つけてはアンダーラインを引いていた。(呆れる位の馬鹿だねぇ。)

 

 因みに『千古』は『せんこ』ですから。

 

 

 数台停められる駐車場があり、河原までものの数分で降りていける。

 

 トイレ、水道無しです。『おにぎりタイム』は国道沿いのコンビニ、町営温泉施設の売店などをご利用して入手して下さい。

 

 

 案内看板は取り敢えず飛ばし読みにでも読んでおきます。

 

 特に『地図』などが描いてあれば『スマホ』で撮っておくと後で確認したい時に役立ちます。

 

 江戸時代には『富士見温泉』が滝の傍らに在ったんですと。

 

 滝の上に『ベン天』とカタカナ表記がありますけど時代考証を突っ込まない様に。

 

 右上に描かれた交通の要所『横尾』集落から『物見遊山』がてらの絶好のロケーション。そりゃ賑わったんでしょうね。

 

 

 『滝つぼ』は大分堆積したのか広い河原になってしまいました。

 

 崖の上には前出の『御堂』が見えます。

 

 白さが目立つから『石灰岩』でしょうか。柔らかいから『甌穴』が出来やすく、又『浸食』されやすいのかも。

 

 後、何百年後には只の川かも知れません。

 

 西側には急峻な山肌が迫っており、午後3時にはもう日が陰っています。

 

 滝つぼを正面に見据え、ぼ~っと見つめていました。

 

 マイナスイオンをたっぷり浴びて、リフレッシュ完了!

 

 岩の上に『石の祠』があります。

 

 『弁財天』とありますので遠くから一礼。

 

 『金運UPしますように。』