金剛寺峠

 

 『この道を行けば どうなるものか 危ぶむなかれ』

 

 我が心の師『アントニオ猪木』さんで有名になった『一休さん』こと『一休宗純』の詩『道』(『一休さん』作の根拠は無いそうです)

 

 オフロードバイクに跨っている時のこーちゃん。

 

 『この道を行けば どうなるものか 行き止まりだったら戻ればいいじゃん』

 

 とばかりに林道を駆け上がっていく。

 

 人気のない林道を走っていて時々出くわすのが『一般車立ち入り禁止』の看板と『チェーン』などのゲート。

 

 たまたま開いていた『チェーン』と看板が無いのを確認し山の中へ。

 

 この手の『ゲート』を設置しているのが『営林署』の場合は特に問題は無いのだが、『材木商』などが伐採・出荷の為に造った『道』の場合チョット勝手が違ってくる。

 

 心当たりありません?なんでこんな所に閉鎖された林道が何て事。

 

 伐採業者は『木』を切り倒し、『枝打ち』して運び出します。

 

 山に残されたのは『木の根っこ』と枝打ち後の『枝』 山は『はげ山』と化します。

 

 そんな『はげ山』を待ってましたとばかり買い入叩く企業。

 

 『太陽光発電業者』です。

 

 倒産したゴルフ場など瞬く間に『メガソーラー発電所』と化してしまいます。

 

 先の『はげ山』なども『陽当り』さえ良ければ一面に『ソーラーパネル』が設置されてしまいます。

 

 問題は『雨』 山に森林が育っていれば降った雨が『枝葉』を伝い、『下草』や『苔』が水を貯え、徐々に地面へと吸収されていきます。

 

 やがては濾過されて水が『湧き水』や『温泉』となって『人』に還元されます。

 

 『太陽光パネル』に降り注いだ雨は表面を流れ、『水流』となって『道路』や『山肌』を流れます。

 

 その時『枯葉』や『小枝』を押し流し、『側溝』を詰まらせ溢れだします。

 

 一度流れ出してしまうと『土石流』となって、最悪『土砂崩れ』や『河川崩壊』を招きます。

 

 2019年の台風19号も佐久地方に甚大な被害をもたらしました。

 

 今年も強力な『台風9号』が九州に接近しつつあります。

 

 山を守り森林を守る事が必要な時かも知れません。

 

 てな事考えながら途中。

 

 

 こんな形の『木』を見つけました。

 

 オイオイ。何があった?