道標

 

 『道標・みちしるべ』

 

 行く先を示唆し、通行人などに『行く先』『距離』などを教えるもの。『道路標識』

 

 昆虫の『斑猫・ハンミョウ』の通称。

 

 一般国道などでは『青色系』の看板。高速道路・有料道路などは『緑色』が多いです。

 

 夜間でもヘッドライトなどに反射しやすい塗料を使っていたり、高速道路沿いではライトアップされたりしています。

 

 山を下りて『信綱寺』の枡形から付近をブラブラ散策してました。

 

 

 『石舟の橋』が不明ですけど、『横尾区・戸沢』は『黒門前駐車場』の東側集落。

 

 推測の域ですけど、北関東『栃木県・宇都宮~群馬県・前橋』辺りに掛けて『善光寺詣り』をしようとした人達(江戸時代関所を抜けられなかった人含む)は『上州街道』(現国道406号線)の『鳥居峠』を超えて『真田の里』に下りてきました。

 

 

 そこで見つけた『善光寺』の文字にどれだけ元気付けられたでしょうか。

 

 『ナズナ(ぺんぺん草)』の大きさと比べてもそれ程大きなものではありません。

 

 実際、立て看板が無ければ素通りしていたかも知れません。

 

 

 更に『横尾集落』で県道35号線の一本裏通りに見つけた立て看板です。

 

 『コーナーミラー』の真ん前、否応なく目に飛び込んできました。

 

 で『どこだ?』

 

 

 砕石敷きの駐車場の一角に風化した小さな石票が在りました。

 

 国道・県道が整備されたおかげで交通の便が良くなった半面、誰からも見向きもされなくなりつつあるもの。

 

 どうか探してみてください。身の廻りにもきっとある筈です。