信綱のお墓

 

 お盆明けの3日間。夏休みを取らせていただきました。

 

 と言っても『病院』×2日。近場の山をトレッキング。

 

 心身ともにリフレッシュ!(チョット違うけど)

 

 

 本堂の扉を開けまして参拝させて頂きます。

 

 流石に畳に上がり込む訳に行きませんので『賽銭箱』の手前で合掌。

 

 御本尊ではなく、『信綱公』の位牌が祀られていました。

 

 

 本堂を後に、庫裏を廻り込むように細い急坂を登ります。

 

 息が切れ始めた頃………

 

 

 存在感の在るお墓と六文銭が目に飛び込んできました。

 

 周りを取り囲むのは家臣や縁しい人の墓石でしょうか。

 

 正直なところ気後れしてしまい、遠くからの合掌のみにしました。

 

 『信綱夫妻』と次男『昌輝』(向かって右側)のお墓です。

 

 

 『信綱寺』境内を望む高台に眠る『信綱』と『昌輝』

 

 『真田の里』を見下ろしながら、弟『昌幸』とその息子『信之』と『幸村』の活躍を見守っていたのかも知れません。

 

 ※ 文章力の無さを写真でカバーしています。稚拙な内容はご容赦です。