境内

 

 『大柏山・信綱寺』は『曹洞宗』のお寺です。

 

 『禅』に修行を見い出す宗派は他に『臨済宗』が在ります。

 

 『曹洞宗』は一般庶民に寄り添い、『臨済宗』は武家社会などに広まったそうです。

 

 「この道を行けば どうなるものか 危ぶむ無かれ………」で始まる『アントニオ猪木』さんのマイクパフォーマンスの『道』 実は『一休禅師』の作です。(違っていても責任持てません)

 

 時の将軍『後小松天皇』(北朝・足利家)と南朝・藤原家の娘『伊予局』の間に生まれた『一休さん』 今なら『皇太子』の扱いですが、禁断の恋だった故に世間に知られてはマズいと『禅寺』に預けられます。

 

 身辺護衛担当『蜷川新右衛門』さんも実在の人。将軍家側近の超エリートです。

 

 子供のなぞかけ問答に負ける訳ないんですけどね。

 

 因みにアニメ『一休さん』の母上様、同時期『峰不二子』も担当してた声優さんです。

 

 『座禅』では足を組み、目は半眼にして頭の中を『無』にします。

 

 『福井県・永平寺』で『座禅体験』出来ますが、難しく考えることなく先ずは体験してくださいとの事でした。

 

 『膝』に疾患を持つこーちゃん、足は組めません。それでも良いんですと。

 

 『禅堂』を持つお寺なら案外気楽に体験させてくれるみたいです。

 

 お試しあれ。『警策・きょうさく』でバシ~ん。なんて修行僧だけですから。

 

 

 石段を登り、門を潜ると中庭は光に溢れていました。

 

 

 『多宝塔』『灯篭』『香炉』『お釈迦様立像』そして何より枯葉一枚落ちていない中庭。

 

 厳しい修行の賜物です。

 

 

 トタンの覆いの下に『茅葺屋根』そして『梁』には『六文銭』が見えます。

 

 『真田信綱』の位牌寺として建立された『信綱寺』 まだまだ続きます。