伊那食品工業株式会社

 

 『かんてんぱぱ』でつとに有名な『伊那食品工業株式会社』

 

 本社前の駐車場にはさぞ役員用の高級外車がズラ~リかと思いきや、あれ普通の車ばかり。

 

 いや地下に重役専用駐車場とか在るのかも知れませんけど。

 

 『寒天』は海藻の『天草』から造ります。

 

 海藻ですから海辺が有利な筈、なのに『長野』の山の中ですよ。

 

 輸送費だって馬鹿にならない。

 

 『諏訪』周辺では冬の冷え込みを利用して『棒寒天』を造ります。

 

 造り方は至って簡単。『天草』を洗って水で煮出し、型に入れて冷ますと『心太・ところてん』が出来ます。これを寒気に晒して凍らせます。

 

 『フリーズドライ』のはしりですね。

 

 昨今は冷え込みが緩く、上質の寒天を造るのが大変だとか。

 

 『かんてんぱぱガーデン』の隣には『肥料プラント』が在り、上質の肥料をお手頃価格で購入できます。

 

 実はこの『肥料』煮出した後の海藻を利用して作られています。

 

 その『肥料』を使って『フラワーガーデン』の草花を育てています。

 

 (写真無いからストリートビュー参照)

 

 

 『玉屋商店』で育てている花は『朝顔』と『サボテン』(小学生でも咲かせるっての) 肥料もやった事無いなぁ。

 

 

 ペット連れで散策してた人がお店に入る時、ペットを繋ぐ為の柱。

 

 マットが敷いてあり、近くに水も在ります。

 

 こんな所に『気配り』があふれていますね。

 

 もう一度『気配りのすすめ 鈴木健治著』読もうかな。