お蚕さん

 

 玄関はサッシの引き戸に代わってますが、建物は以前のまま。

 

 靴を脱いで展示室へ。 1階は普通に生活空間や大広間が在り、此処で養蚕について学んだらしいです。

 

 

 2階に上がると『蚕棚』が在りました。

 

 今から50年も前になります。友達の家に遊びに行くと、友達は先ずお手伝いを終わらせないと遊べない。

 

 そのお手伝いが『桑畑』から『桑の葉っぱ』を『背負い籠』一杯採ってくる事。

 

 しょうがないから手伝いますよ。『ドドメ』と云われる『桑の実』食べ放題付きですから。

 

 ただ『ドドメ色』と呼ばれる濃い暗褐色の果汁は、口の周りを紫色に変えますし、白いシャツなんかに着けようものなら絶対に色が落ちません。

 

 その為、親からは食べちゃダメと言われてましたけど、お腹空かせた子供だからねぇ。で色が着いてすぐバレる。

 

 その採ってきた『桑の葉っぱ』をこの『蚕棚』に敷き詰めまして、『蚕の幼虫』(白い毛虫)をバラバラと乗せる。

 

 『蚕の幼虫』は本当にムシャムシャと音を立てて食べます。

 

 それも観ている間に『桑の葉』を『虫食い模様』に変えていく。

 

 あんまり見ていると「もう一回採ってこい」と言われそうなので慌てて逃げ出しましたけど。

 

 『蚕の幼虫』が大きくなると『蚕蛾』に成るんですけど、その前段階『蛹・さなぎ』に成る為に『繭』を造り中に籠ります。

 

 人間はこの『繭』から『絹糸』を造る為に『蚕の幼虫』を飼う訳です。

 

 『蚕産農家』にとって現金収入の大事な手段ですので敬意を込めて『お蚕さん』と呼んでいました。(白い毛虫ですけど)

 

 

 『蚕の幼虫』が大きくなって、桑の葉っぱを食べなくなると、そろそろ『蛹』になるべく『繭』を造る段階に来た証拠です。

 

 この『種紙』の中に1匹ずつ『幼虫』を入れ『繭』を造らせます。

 

 『繭』が出来たら哀れ熱湯で茹でられ『蛹』はご臨終。

 

 『製糸機』や『糸車』に3・4本づつよられながら巻き取られていきます。

 

 『繭』を完全に巻き取られた残りの『蛹』は『鯉の餌』となります。

 

 

 『蚕蛾』が自然界で『繭』になったものを『天蚕』と呼びその『淡い緑色』は特に希少価値が高く、『総天蚕の着物』は1着で一千万円!とかするらしいです。

 

 そそ『天蚕』佐久市東部の山間を歩いていて一度だけ見かけました。

 

 ほのかな緑色が特徴です。

 

 

 あと何万匹見つけたら一千万円になりますやら。