イベント会場

 

 『高崎駅西口』から『高崎市役所』へと西に延びるメインストリート。

 

 普段はビジネス街の大通りなのだが、この日は『高崎だるま市』のメイン会場として歩行者天国になっていました。

 

 

 正月らしい賑やかな『謡』演じられていた。

 

 『羽織袴』のいでたちで、『三味』や『尺八』のおめでたい事!

 

 

 会場内のあちこちには『屋外用ストーブ』が設置されていて暖を取れるようになっていた。

 

 バイク用に新調した『ワー〇マン』の『イージス』を着ていったこーちゃんには無用でしたけど。

 

 熱効率が気になったもんで手をかざしましたけど『焚火』の様に熱さを感じました。

 

 

 両サイドには『高崎ダルマ』の販売ブースや、お祭りの屋台よろしく『おでん』『たこ焼き』『串焼き』『ポテト』『ジュースやビール』その他諸々のテントが並んでいました。

 

 群馬名物『焼きまんじゅう』を買って食べましたが、例によって手がベトベトになっしまいました。

 

 

 『大ダルマ』に辿り着いた時には、『祈願』がびっしりと書き込まれており、スペースを探すのが一苦労。

 

 でも『身長180+手が長い』こーちゃん、背伸びしながら高い位置に『商売繁盛』と書き込みました。

 

 今なら迷わず『新型コロナウイルスが一刻も早く対策されますように!』って書くだろうけど。

 

 長野県では『新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の解除』が宣言されましたが、まだまだ油断は禁物。

 

 お店が『暇』なのは各自で外出を控えているからだと思いたい。

 

 あぁ。売り上げが………。