栗おこわ

 

 町内会の旅行は『小布施・偽ぴんころ地蔵』『中野・一本木バラ公園』と廻って再び『小布施・桜〇甘精堂』へと戻ってきました。

 

 当日いきなり食事の予約を入れた為、時間を指定されました。

 

 まっ、幹事のmissと云えばそれまでなんですけど。(幹事=私です)

 

 食事時間の30分前に到着。お土産売り場等で時間を潰して。

 

 食事は小布施名物『栗おこわ膳』

 

 皆さん美味しそうにbeerなんぞを飲んでいる。(ちなみに私が運転手)

 

 店内撮影禁止と云う事で写真は無いです。

 

 食後、メインイベントの『葛飾北斎館』へ。

 

 なぜ『小布施』に『葛飾北斎』? はウイキペディアに譲るとして。

 

 一度は観ておきたい場所の一つです。

 

 『自由行動1時間半』は人によって長すぎるとか短すぎるとか両論ありました。

 

 さて『バスの運転手』故に人より早くバスに戻って待機していなければいけない。

 

 ゆっくり見られないのが残念でしたけど、お陰でこんな場面に遭遇しました。

 

 

 ハイデッカータイプの大型観光バス、出入り口ドアの後ろに何やら『台』がせりあがって来た。

 

 ナニナニ? 初めて見るんですけど。

 

 

 このバスは『車椅子対応観光バス』でした。

 

 リフトは『車椅子』に人を座らせたまま上昇します。

 

 内部まで覗き込むのは失礼かと思い、遠くから見守るだけでしたけど、上昇後座席まで移動して着席。その後車椅子はトランクルームに格納。

 

 時間はかかるけど障害者にも優しいバスです。

 

 もっと増車されるといいですね。良い旅を。