天狗の麦飯

 

 流石に環境保護の場所を掘り返す訳にはいきませんので写真で。

 

 粒粒が地面の下に在るらしいのですが。

 

 

 写真提供が『嬬恋村』って此処じゃないんかい。

 

 で調べてみると(キーボードペチペチを調べると云うなら)

 

 絶滅危惧種、日本特有、富士火山帯、高度1000mなどかなり生育条件が限定されています。

 

 『北信五岳』の一つ『飯綱山』にも『天狗の麦飯』が自生しており、山の名前の語源が『飯砂』だったと云う説も在ります。

 

 食べてみたいな。(残念ながら採取禁止です)

 

 

 小諸駅から小海線に乗り、左の車窓からこの石碑が見えました。

 

 運転免許を取得してからは、滅多に『小諸駅』~『乙女駅』の小海線に乗る事が無くなりましたので実に40年振り?

 

 併走して『しなの鉄道』が走っていますけど、崖の上に在る為『小海線』からしか見えなかったと思います。

 

 『一本桜』が印象的でした。

 

 今年も確実に咲いているでしょうけど外出自粛。

 

 来年まで待っててね。