おたっちう?

 

 ググってみても的を得ません。

 

 地元のお婆ちゃんに聞いてもその『謂れ』までは知りませんでした。

 

 

 真田の観光旗の下、『おたっちう松跡』(十輪寺大門)と在ります。

 

 此処に立ち並ぶ『夫婦地蔵』とかの事では無く、『お寺の大門』が在ったみたいです。

 

 案内に従い民家の脇の草叢を入っていくと

 

 

 人の踏み跡の無い竹藪の中にポツンと石碑が。

 

 人類未踏のジャングルを掻き分け、進んだ先で我々が目にした物、それは正しく!

 

 BGMは ♬ 行け、行~け、川〇浩~。と嘉〇達夫さんの歌がリフレイン。

 

 

 確かに『おたっちう松の碑』と刻まれています。

 

 裏に廻り込むと

 

 

 樹齢 およそ四百年 高さ10.4m 幹回り4.8m

 

 松葉の欝蒼と茂る枝は道しるべにもなっていた。

 

 大正十四年には枯れちゃったけど 大正十五年十林寺(十輪寺)に青年会によって石碑が建立された。

 

 (いつもの言い訳ですけど、間違ってたらスミマセン。)

 

 『十輪寺』は『真田屋敷』の完成時にその敷地内に移築されたそうです。

 

 Perhaps maybe 『おたっちう』=『おっ立っていた』=『聳え立っていた』 

 

 敬意を込めて『聳え立っていた松の大木』を『おたっちう松』と呼んでいた。と勝手にまとめちゃいました。

 

 固有名詞だったらどうしよう。