おたっちう跡

 

 山頂から降りかけようとすると地形図が設置されていました。

 『おたっちう⁈』

 

 

 初めて聞く言葉です。おそらく今は使われていない方言ですかね。

 

 勿論行くに決まってますです。

 

 移動することモノの3分。

 

 

 集落の一角に旗が立っていました。

 

 『縁切り地蔵尊』 ピンときましたネ。

 

 『おたち』=『お断ち』 

 

 

 消防小屋・集会場の更に奥に『お地蔵様』が立っています。

 

 しかも近寄ってみると

 

 

 錆びた『ハサミ』の数々が奉納されています。

 

 『糸切り鋏』『裁ち鋏』『文房具』や『キッチン鋏』まで多種多様です。

 

 多分『切る』『断つ』の意味合いから『縁切り』に繋がったんでしょう。

 

 と独り合点していると、後ろで物音がしました。

 

 第一村人発見です。(テレビっ子か)

 

 畑仕事に行くらしきお婆ちゃんです。

 

 「おたっちうってどういう意味ですか」と聞くとカンラカラと笑いながら

 「これは『縁切り地蔵』 おたっちうとは違う。」

 

 「『おたっちう』って何ですか?」

 

 「知らん」

 

 「どこにあるんですか」

 

 「道つたいに登っていけば旗が在るから、そこ入れば在る」

 

 で又移動すること3分。

 

 果たしてそこで目にした物とは………次回です。