真田家御廟

 

 この『真田・長谷寺』の裏山には『真田一族』の御廟が在ります。

 

 と云っても『真田昌幸』とその『両親』のお墓ですが。

 

 『真田幸村』は『大阪・夏の陣』の戦いにおいて敗れ自害したとか、首を討ちとられは死んだのは影武者の一人で、生き延びて頼った先の秋田県・大館で終焉を迎えたとか諸説あります。

 

 大河ドラマ『真田丸』のラストでも大勢の影武者が登場しますが、後に『池波正太郎』さんの記『真田太平記』で有名になった『真田忍者』が扮したともいわれています。

 

 『真田忍者』 誰もが知っている『猿飛佐助』や『霧隠才蔵』や『三好青海入道』(他七人)ら精鋭は『真田十勇士』と呼ばれています。

 

 上田駅周辺に『十勇士の像』が点在していますので探してみてください。

 

 

 お寺の本堂を廻り込み、暫く杉木立の中を歩くと開けた一角にそれは在ります。

 

 

 この石柱から奥が『真田家御廟』

 

 ためらいましたけどお墓参りさせて頂きます。

 

 だってこの先、明らかに凛とした空気が張り詰めています。

 

 

 中央が真田の開祖『真田幸隆』(幸隆は通り名であり本名は『幸綱』戒名が『一徳』(よくわからん)向かって左がその正室(奥さん)。

 

 向かって右が『真田昌幸』 戒名は『一翁千雪』(TV『真田丸』では『草刈正雄』さんが演じました)

 

 残念ながら昌幸・長男の『信之』(『真田丸』では『大泉洋』さんが演じました)は、松代の地に『長谷寺』を建立し、そこに御廟が在ります。

 

 そして次男の『幸村』(『真田丸』では『堺雅人』さんが演じました)に関しては諸説あり、秋田県・大館にお墓があるとされています。

 

 でも『真田信繁』(幼名・源次郎 役職名・左衛門左 通り名・幸村)は生涯自分の書面に『幸村』の文字を使わなかったそうです。

 

 まぁ家督相続は色々難しい事もありまして。

 

 実は上の写真をUPしようとしたところ、ブログ容量不足でUPできませんでした。

 

 容量を稼ぐ為、過去の古いブログを削除しようと遡ったところ、なんと『久能山・東照宮』の『徳川家康・御廟』 因縁を感じつつも削除しましたけど。

 

 只の偶然ですよね? いやそれとも………。