メダル

 

 正確には『記念メダル』

 

 『金メダル・銀メダル』などで使われる『メダル』は勲章の事。

 

 『メタル』は金属の事。

 

 昔、観光地には必ずと言って良い程、『観光記念メダル』と『有料双眼鏡』『ペナント』が在りました。

 

 『有料双眼鏡』は¥100玉を入れると5分間ぐらい見ることが可能になる大型双眼鏡。多分絶滅危惧種。

 

 『ペナント』も¥300位で販売されていて、細長い三角形に、地名や名所印刷された物。

 

 浅草や京都の土産物屋、地方の観光地でたま~に見かけるけど、準絶滅危惧種。

 

 『観光記念メダル』

 

 ¥500硬貨位の大きさで、地名や観光名所が彫られていて、裏面には空きスペースがあり、『刻印マシーン』にセットすると一文字¥20でアルファベットを刻印できる。

 

 

 生きていた~。

 

 キーホルダーにする『オプションパーツ』もありました。

 

 例えば『2020・3・15 K・I』と刻印しただけで13文字=260円(スペースも一文字分です)

 

 滅多に旅行できなかった頃、日付を残せる記念品として何度か買った覚えがあります。

 

 『鍵っ子』とは無縁の商売屋に育ちましたので、キーホルダーなんて使った事ないし。

 

 唯一『自転車のカギ』に着けるとすぐ壊れてどっかにいっちゃいました。

 

 えっ。買いません!

 

 だって『メダル』数種類が¥400~¥500。オプションが¥200。

 

 刻印1文字¥30。(値上げしたな) トータル¥1000コースです。

 

 変質すること無いでしょうから、在庫の限り稼働するんでしょうね。

 

 長生きしてください。

 

 『メダル』といえば『オリンピック』

 

 インフルエンザで大変な時期だけど、必ず乗り越えられるから、

 

 『ガンバレ日本』 『ガンバレ地球』

 

 『ワンチーム』 突き詰めれば 『世界一丸』