♬天~守閣~。

 

 お城巡りをしていて『天守閣』を見ると、あのフレーズが脳裏をよぎる。

 

 『松風 騒ぐ 丘の上 古城よ 独り 何 思う』 

 

 三橋美智也さんの『古城』 冒頭。

 

 他にも

 

 『春 高楼の 花の宴 巡る杯 影さして』

 

 こちらは『会津若松・鶴ヶ城』に石碑がある。

 

 あっもうひとつ。

 

 『小諸なる 古城のほとり 雲白く 遊子 悲しむ』

 

 『島崎藤村』の『千曲川旅情の詩』ですけど 『遊子』を『融資』と聞き間違えてました。

 

 

 『彦根城天守閣』 

 

 秋は紅葉、春は桜越の『白壁』が青空に映えます。

 

 しかも嬉しい事に、『入城料』には『登城料』が込み!

 

 入り口で、靴を脱ぎ、ビニール袋に入れ持ち歩くのがイマイチ邪魔くさいけど、システムだからしょうがない。

 

 

 西に向かって『中庭』と『彦根市街』

 

 

 『琵琶湖』越しに比叡山方面

 

 映画『偉大なる しゅららぼん』で、俳優『笹野高史』さんが『船頭』に扮したのはお堀の遊覧船?

 

 因みに原作者の『万城目 学』さんの本は、『鴨川ホルモー』を読んで以来ハマってます。

 

 『鴨川ホルモー』が映画化されると聞いたときは、どうやって実写表現するのか興味深々でした。

 

 まぁ結論言っちゃえば「CGに不可能は無い」ですけど。