不滅の法灯

 

 『最澄』が遣唐使として中国から持ち帰った『仏教』

 

 比叡山の山の中に草庵を建てたのが『比叡山・延暦寺』の始まり。

 

 その時灯した燈明の火が脈々と受け継がれ、今なお消える事無く燃え続けている。

 

 1200年前からですよ。故に『不滅の法灯』

 

 延暦寺の僧侶たちによって『灯芯』を替えたり、『燈明油』を継ぎ足したりしているが、決まった当番制がある訳で無く、修行の一環として誰ともなく行う作業らしい。

 

 一般参拝者が立ち入れる板の間を『外陣』と呼び、賽銭箱などが在る。

 

 僧侶のみが入れる石畳のエリアを『中陣』と呼び、『外陣』からは3m程も低く成っています。

 

 外光が入り込まない為に薄暗い中、この石畳に座して僧侶は修行します。

 

 『中陣』に石垣が積まれ、巨大な『厨子』が置かれています。

 

 中には『最澄』の彫ったとされる『瑠璃光薬師如来像』があるとされていますが『秘仏』の為、扉は閉ざされておりその姿を拝むことは出来ません。

 

 そして1200年間灯し続ける『法灯』

 

 『菜種油』が切れたら『火』は消えてしまいます。

 

 此の故事から広く知れ渡る諺が『油断大敵』

 

 ナイショですけど実は何度か消えています。焼き討ちに遭ったり、火災を起こしたり。

 

 でもご安心を。

 

 『根本中道』は他に『山形・立石寺(通称山寺)』と『東京・寛永寺』に在り、『比叡山・延暦寺』の『法灯』を『分灯』して在ります。

 

 信長焼き討ち後、徳川家により再興されますが、その時『立石寺』より再び『分灯』しました。

 

 オリンピックの『聖火』でさえ、たま~に消えたりしますもんね。

 

 予備の『火』がランタンに保存されていますから問題なし。

 

 『仏凡一如』という言葉が在ります。

 

 参拝する『外陣』と、『厨子・法灯』の在る『内陣』は同じ高さに在り、『仏も人も位は同じ』という意味らしいです。

 

 そして『一隅を照らす』

 

 こーちゃん宗教家ではありませんので拡大解釈としますけど。

 

 『誰しもが 良い行いを心がければ 世の中少しは良くなるぞ!』

 

 (あっ、反論メールとかしないでね)

 

 

 銅葺き屋根の『銅板』に名前を残せます。

 

 一枚¥10000~。 悩んだ末に今回パス。

 

 今なら屋根の高さまで登れてまじかに観る事が出来ます。