掬星台

 

 この『草冠』が左にズレて落っこっちゃった『菊』の漢字。

 

 やっぱり『きく』と読みます。だから『きくせいだい』

 

 六甲から見下ろす『神戸の夜景』 日本三大夜景に数えられます。

 

 中でも『1000万$の夜景』と云われているのが『掬星台』

 

 『有馬温泉・金の湯』入浴後、湯上りのビールを我慢して車で小一時間。

 

 有馬温泉かナビに従い、バイパスから右折。

 

 街灯もガードレールも無い山道をクネクネ。

 

 一応ナビで確認しながら走ってんですけどだんだん不安になってきた頃民家が見えてきました。で又真っ暗な山の中へクネクネ。

 

 『六甲山牧場入り口』の信号の無い薄っ暗い交差点に、何故か十人程立っていた。

 

 ギョッとしますよ。見てはいけないモノが見えてしまった………

 

 バス停がありました。暗い中を終バス待ちの人が立っていたんです。

 

 もー。脅かしやがって。

 

 その後、又クネクネ登って行くといきなりコインパーキングが出現。

 

 何でこんな所に?

 

 コインパーキングの出入口だけ明かりが灯っていますが後は真っ暗。

 

 『掬星台』入口まで入って行くと『駐車禁止』&『一般車両進入禁止』

 

 だからコインパーキングが在ったのね。

 

 500m程戻ってコインパーキングに車を停めました。先払い¥500。

 

 広い駐車場は真っ暗ながら、よく見てみると結構車が停まってました。

 

 にしても此処まで一度も車とすれ違って無い。

 

 一抹の不安は在るけど、カメラを出して『展望台』へと向かいます。

 

 

 神戸の六甲アイランドから航行中の船舶、更には大阪湾岸から関空辺りまで見えます。

 

 晴れていれば満天の星空。いや~素晴らしい。

 

 手前の黒い部分は森です。函館の夜景は海に囲まれていますけど。

 

 

 こちらはポートアイランド。更には明石海峡大橋から淡路島の灯りまで。

 

 あれ?カメラがおかしい?

 

 バッテリー切れでした。

 

 いつもなら此処だけで十枚以上は撮影するでしょうけど、交換バッテリー持ってこなかった。

 

 心に焼き付けます。