日本三大名湯

 

 『日本三大〇〇』ってよく耳にします。

 

 『日本三景』の『安芸の宮島・天橋立・松島』に始まり、

 

 『日本三大稲荷』=『京都伏見稲荷・笠間稲荷・豊川稲荷』

 

 『日本三大がっかり名所』=『高知はりまや橋・札幌時計台・長崎オランダ坂』などなど。

 

 そして今回のテーマ『日本三大温泉』=『群馬草津温泉・岐阜下呂温泉・兵庫有馬温泉』

 

 と云う訳で『有馬温泉』にやって来ました。

 

 出発前に宿を探しました。

 

 有馬温泉で評価4以上の宿、1泊¥30000~が相場ですか………

 

 色々な方法で格安の宿を探しました。

 

 えっ⁉ 素泊まり1泊¥4500。 しかも有馬温泉のど真ん中。

 

 施設の名前は『小宿とうじ』

 

 ほらほら、興味ある方検索急いで。

 

 先に言っときますけど、施設内に温泉は無いです。どころか部屋に風呂が有りません、トイレは共同。部屋は畳敷きにシングルベッド×2。眺望は良くないです。

 

 駐車場は建物から歩いて10分。しかも宿の直近まで車で入れません。

 

 更に、受付が離れた『有馬温泉協同組合・観光案内所』で時間指定(15:00~17:00)で鍵を受け取ります。お役所仕事とはいいませんけどネ。

 

 更に更に。駐車場も3ナンバーでは停めづらいし、夜間の出庫はチェーンを自分で開閉します。

 

 早い話。『民泊』って思えばどおって事無い訳。

 

 あっお金に余裕ある方には勿論1泊ウン万円をお勧めしますです。

 

 普段、良くて『ビジネスホテル素泊まり』下手すりゃ『ラブホ独り泊』とか『ネットカフェ・マットレス部屋』で鍛えて?いるこーちゃんにすれ有難い限りです。

 

 旅先では必ず地元のスーパーで買い物します。(地酒含む)

 

 夕方のうちにガソリンを満タンにして、スタンドの従業員に地元のスーパーを聞きます。大体外れたためしが無いです。 

 

 その地方の特産、名産を地元の方に聞いても、当たり前すぎて分からない事も多いです。

 

 例えば滋賀県。スーパーで「この地方独特の物在りますか?」と聞いても「無いですね~」と返ってきました。

 

 でもでも『赤いコンニャク』とか『タクアンをサンドしたコッペパン』とか面白いモノがごろごろ。自分の目で探さないとね。

 

 富士吉田では生花の並びに『卒塔婆』が並んでたり。

 

 旅行に行ったら『地元スーパー』の探検はお勧めです。お宝発見できるかも?

 

 

 で『有馬温泉』 15:00頃の有馬温泉街の裏通り。

 

 車は入れません。

 

 これで赤いランタンがぶら下がってれば『台湾の九份』みたい。

 

 ダウンコートにマフラーの人も居れば、フリース羽織っただけの人とか。

 

 気候の違う各地から皆さんやって来ます。

 

 こーちゃん? ユニ〇ロ・フリースだけです。だってデブですもん。