バイバイ清水寺。

 

 『音羽の滝』を後にして、清水の舞台下を通って帰路に着く。

 

 こんな急峻な石垣に、良くぞ綿密な計算をして、柱を組み上げている。

 

 でこういった建物は『釘』を使わないんでしょ?

 

 組みあがった足場は安定感があるけど、建設最中はどうやって柱を組んでいったのだろうと感心しきり。

 

 耐震、免震構造とか無縁でしょ?

 

 それでも崩れないんだもんなぁ。

 

 

 うん、うん。紅葉良きかな。

 

 この色を求めて各国各地から人が集まるのもわかる。

 

 ず~っと眺めていたいけど、今日はまだまだ行くところが在る。

 

 バイバイ・清水寺。

 

 

 車に戻る途中、土産物売り場で見かけた『タイル画』

 

 『九条ネギ!』ああそうか『京野菜』を表しているんだ。

 

 え~っと。『九条ネギ』から時計回りに『万願寺唐辛子』『金時人参』『聖護院大根』『京たけのこ』『聖護院かぶ』『鹿ケ谷カボチャ』『京水菜』『京慈姑』『海老芋』『加茂ナス』などなど。

 

 以上。参照文献『美味しんぼ』&『味いちもんめ』

 

 漫画でも為になります。