清水寺全景

 

 前出の『福禄寿様』の向かい側に石段が在り、『清水寺のお堂が拝めます』と立て札に書かれていた。そりゃ行きますよ。

 

 日本語で書かれていた為か、外国語ガイドに載っていないのか外人さんは誰もいない。

 

 大声で騒ぐ人が居ないからなのか、他人の迷惑顧みない撮影会をする人が居ないからなのか『京都の秋』を満喫できました。今ならお勧めです。

 

 そのうちSNSなんぞで知れ渡るでしょうから。

 

 

 改修工事の足場とシートが………

 

 秋晴れじゃ無いところがこーちゃんらしいでしょ。

 

 

 この石段を下ると、『音羽の滝』から流れ出る小川に辿り着くそうですけど、又この石段を登るのはチョット。

 

 今なら人が少ないからと、先を急ぎます。

 

 

 夕方からライトアップされた紅葉を観ながら一息つけるようになっています。

 

 『清水の舞台』に張り巡らされた『竹の足場』がよく分かります。

 

 中国、東南アジアでは今でも『竹』を使って足場を造ります。

 

 10階建て位の高層住宅などでも『竹』を縛っただけの足場で作業してました。

 

 茶店には誰もいませんでしたけど。

 

 でこの先に在るのが………