拝観料

 

 『清水寺』に到着してもまだ8時30。

 

 なのに結構参拝者が多い。

 

 参道を進んでいくと『開門時間・6:00~18:00』と在った。

 

 開門時間があるという事は『拝観料』ですね。

 

 

 『朱塗り』の美しい三重塔、紅葉と被っちゃたけどやはり綺麗ですね。

 

 『桜』の時期も素敵ですけど、『京都・東山』と云えば『桃山』ですもんね。今は『桃』も無くなってしまいましたけど。

 

 

 石段、石畳が続き、拝観料を払って………本堂全体にに工事シートが被さっているんですけど。

 

 11月に行った『仁科神明宮』も『式年遷宮』で屋根の吹替え工事が終わったばかり。まだシートが残っていたし、春に行った『甲斐・駒ヶ嶽神社』でも工事シートの中からインパクトドライバーの音が響いていた。

 

 単なる偶然ですね。と思いたい。

 

 

 清水の舞台もシートが掛けられ、やっと見えた景色が『紅葉&京都タワー』

 

 自称・曇り男の面目躍如ですかね、山の端は霞みがかっている。

 

 天気予報は『雨30%』って降るんかい、降らんのかい?

 

 青空だったらさぞ美しかろうと空を見上げた。

 

 さて、『もち米も』蒸けた様ですから『餅つき』開始です。

 

 さ、お仕事、お仕事。(現在朝の3時です)