………の前に

 

 朝、七時前にも係わらず、結構な人が登っていく。

 

 しかも八割方が外国語を話している。やっぱり一番多いのは『中〇の人達』

 

 皆さん、秋の紅葉シーズンの京都を、早朝から目いっぱい楽しんでやる~と意気込んでいます。私もその一人ですけど。

 

 

 『神馬舎』ではよくあるパターン。

 

 『塩竈神社』では確か本物の『白馬』を飼育していましたが。

 

 

 『豊山稲荷神社』が何故か別格として在りました。

 

 『本家本元』の一角に『末社』を建立する………よく分からん?

 

 早朝から頭廻りませんのでとっとと行きます。

 

 

 そして『あそこ』の入り口に在った『狐』

 

 二匹が抱き合っている様に見えます。しかも両前足で造った〇は、冬至の正午に太陽と重なる………ワケ無いですよね。

 

 『燈』とありますので明かりが灯るのかな?

 

 由緒正しい狛犬ならぬ『狛狐?』もいいですけど、これ一番好きかも。

 

 でいよいよ『あそこ』 あ~又、次回です。