信玄公の棒道

 

 『棒道』ナンのこっちゃと言う人の為に。

 

 『武田信玄』が『上杉謙信』との合戦を控え、迅速な行動で目的地に行けるように造成した、平坦で真っ直ぐな道。

 

 今で云うなら『バイパス』ですな。

 

 敵の進軍を察知した斥候は、各地に設けた狼煙台で情報を伝達、即座に『武田騎馬隊』が出陣する。

 

 『風林火山』の『速き事 風のごとく』を実現させた軍用道路の事です。

 

 『山梨県甲斐小泉・女取湧水』でも写真をupしたけど、名称が残っていても、中々お目に架かれない。

 

 目立たない様に『林』の中を抜けるように造ってある為、生活道路からはかけ離れている所が多い。

 

 

 この立て札が在った場所も別荘地の一角。

 

 本来なら山ん中。

 

 

 まぁ、今じゃ『別荘族』の抜け道になり、轍の後も見えますけど。

 

 『水戸黄門』なんかのTV時代劇じゃ、上手くトリミングしたりして撮影してるよね。

 

 でやっぱり『秋色』

 

 

 別荘地は関係者以外立ち入り禁止だったりするので、さっ次です。