芝宮さま境内

 

 境内には大きな岩が在り、その上に『祠』と羽衣を纏った『観音様?』が祀られている。

 

 

 ふと境内の奥の木を見ると、木の幹に何か張り付けてあった。

 

 好奇心旺盛な性格です!勿論近づいてみます。

 

 

 古いモノらしく、ビニールの内側が曇っていてよく読めませんが、それでも『わな注意』の朱文字が見えます。

 

 更に隣接する木には

 

 

 いえ、回転がおかしいのでは無く、この向きでぶら下がってました。

 

 札の下がっていたワイヤーを追っていくと。

 

 

 地中に埋められた塩ビ管と『くくり罠』らしいループ・ワイヤー。

 

 対象が何か書かれていませんでしたけど、一つ言えることは

 

 『触らぬ神に祟りなし』

 

 勿論そっと引き返しました。