池田町のカエデ

 

 此の章は、紅葉シーズンが始まろうとしている10月24日まで遡ります。

 

 この日は店休日。有意義に過ごそうかなと朝早くから車で出かけた。

 

 目的地は『大北地域』取り敢えず『三才山トンネル』を越え、『旧四賀村』経由で安曇野。

 

 『高瀬川』沿いを走る『北アルプスパノラマロード』を北上する頃には、朝の通勤時間になり、交通量も増えて来た。

 

 トイレ休憩を兼ねて道の駅で小休止。

 

 『高瀬川・右岸』を走る気持ち良い道路、大好き!

 

 ん?『右岸?』 川の流れを上流から見た時の右側です。

 

 『高瀬川』は北アルプスの『三俣蓮華岳』に端を発し、数々の沢の流れを合流し、大町からは南に向かって流れ下ります。

 

 更に『明科』で『犀川』と合流し、流れの向きを北へと変え、挙句『千曲川』に流れ込みます。

 

 日本最長の川は『千曲川』ですが、案外こちらの方が長い?

 

 因みに『千曲川源流の地』は『川上村』から『甲武信岳』に向かった山腹に在るのですが、『千曲川水源地』の標識の在った場所は、苔むした木の間から流れ出る湧水でした。

 

 駐車場から約3時間の登山です。(遊歩道と書かれていますけど)

 

 その更に奥に向かうと苔むした岩肌から滴る水が在りましたけど、登山道から外れる為、現在は立ち入りできない様です。

 

 滴り落ちた水は地面に吸い込まれる為、水の流れにはならず『川』と云えないそうです。

 

 

 高瀬川を渡り、『大峰高原』へと登る。

 

 見えてきました『七色大カエデ』

 

 個人の所有地ですが観光名所として整備され、駐車場、トイレ、観光案内所、お土産、軽食販売テントなども並んでいます。

 

 以前バイクで来た時は夏。タダの『木』でしかなく、うっかり通り過ぎてしまいました。

 

 

 生憎の曇り空が背景ですが、七色が引き立って見えます。

 

 残念なのが『樹木保護』の為に、遠巻きにロープが張られ、樹肌に抱きつけない事。

 

 マナーの悪い人が枝を折ったり、木に登ったりするから仕方ないのですけど。

 

 写真を撮るに留めておきます。

 

 しっかし、いくら綺麗でも滞在時間10分!

 

 売店も、お土産販売のテントも開店前。さっさと次の目的地に向かいます。