姫川上流

 

 残念ながら車両進入禁止となっていましたので、歩いて行ける所まで。

 

 清流沿いに砂利道を歩きます。

 

 

 車の轍の跡が在りますので、頻繁に車が通っているみたい。

 

 きっと不届きな『翡翠採取者』でも巡回監視しているのかも。

 

 『つちくら橋』と読めました。

 

 余りに清涼感たっぷりの流れです。きっと冷たいんだろうな。けど何度も言いますけど、『河川敷立ち入り禁止』ですから。

 

 

 『林道入山線』ほら川底に『翡翠』らしき青白いモノが………。

 

 だ・か・ら。 大人です! 川には入っていません。(だって監視カメラが)

 

 

 この看板が登山口。

 

 しかもいきなり川を渡る橋が

 

 

 積雪が無いから通行可。

 

 閂を開け、橋を渡ってみました。

 

 渡っていくと橋が大分傾しがります。(かしがるって方言?解りますよね。)

 

 『吊り橋』ではありません。

 

 ギリ98㌔のこーちゃんは渡れました。

 

 万が一があっても全ては自己責任の世界です。

 

 いかんUP容量が足りません。削除してきますので暫し休憩。