展望台

 

 『電気バス』を『黒部ダム駅』(バス停ではありませんでした。)で降り、改札を出る。(だからバス何かい?電車何かい。)

 

 時間の無い人は左に曲がって『黒部ダム』

 

 健脚家は右へ曲がって200段の階段を登り、展望デッキへ。

 

 

 実はインスタ映えを狙って『壊れにくいシャボン玉』を持って行ったのだが、シャボン玉を飛ばした後にカメラを構えても、風に流されイマイチ。

 

 上の写真にも写ってるんですけど、わかるかな?

 

 他の人がパシャパシャ撮ってるのに、自分で撮れないとは………。止~めた。

 

 三脚とタイマーを使えばいいんだけど、バイクでは荷物になるからなぁ。

 

 

 

 200段登ったという事は、200段下ると云う事。

 

 階段の手すり越に覗き込めば、遥か下の通路に立つ人影。

 

 カメラ真下に一人、少し右寄り最下段に三人。

 

 高所恐怖症の人まだ大丈夫?

 

 

 ダムのエッジ部分。

 

 まだまだ下り階段は続く。

 

 後続のバスで来た人達がダムに溢れて来た。

 

 取り敢えず行ける所まで行ってみる事に。(どんだけ下るんだろ)

 

 

 放水口から舞い上がる霧に、太陽光が差し込む。

 

 一番下まで降りてきたぜぃ。てえ事はダムまで登るのか………。