蓼科神社・奥宮

 

 富士山の八合目以上は、『富士浅間大社』の境内なのは周知の事実。

 

 山頂には『浅間大社・奥宮』が在ります。

 

 他にも山頂直下に『郵便局』が在るのは富士山だけ。

 

 そして此処『蓼科山』山頂にも『蓼科神社・奥宮』が在ります。

 

 『山』其の物を神格化し、修行の場とした『神社仏閣』が各地に在ります。

 

 そんな山の頂には必ずと言っていい程『石造りの祠』が鎮座しています。

 

 『鳥居』、『賽銭箱』、『祠』。

 

 ヘリコプターで荷揚げする現在なら、荷下ろしの場所さえ確保できれば容易でしょうけど、ヘリの無い時代、人々は苦労して担ぎ上げたんですものね。

 

 『強力(ごうりき)恐るべし』

 

 

 鳥居の手前でリュックを下ろし、被っていたタオルを外します。

 

 手水はペットボトルの水。手と口を浄め、一礼して鳥居を潜ります。

 

 

 『お賽銭箱』は在りませんでしたので石を積みます。

 

 会釈の後、『二礼、二拍手、一礼』

 

 願は掛けません。(願いが叶ったら、願解きに来ないといけないもん)

 

 『此の地にお参りさせて戴きました。』と報告のみです。

 

 

 大正十二年・七月二十日と刻まれています。

 

 幾つにも分解して、背負子に括りつけて登ったんでしょうね。

 

 眺望の良い場所に在る『方位版』(あの方向に見える山は〇〇山なんて書いてあるプレート)が、風化でしょうか基礎部分を残して無くなっていました。

 

 今はスマホアプリで『方位磁石』も在るから特別困らないですけど。

 

 携帯会社auの方、アプリ『超便利ツール』入れとくと便利ですよ。

 

 で『方位版の残骸』を写真に撮ろうと思ったらバッテリー切れ。

 

 そろそろ下れって事かな。

 

 もう一度山頂の空気を深呼吸で胸いっぱい吸い込んで………

 

 やっべぇ。立ち眩みした。