ガレ場

 

 学生時代、柔道やってましたけど、体重71キログラム以下級。

 

 体鍛えてましたから、山登りなんて屁でも無い!位に思ってました。

 

 現在体重98キログラム。『炎鵬』とタメ。

 

 いくらウォーキングしていると云っても絶対的な運動不足。

 

 しかも頭の中では『グレートトラバース』の『田中陽希』

 

 コースタイム1時間30分とあれば、ナ~に1時間位なもんさ………

 

 身の程知らずでした。

 

 

 足元はゴロ石混じりの『ザレ場』から、石だらけの『ガレ場』

 

 それが昨日の雨でぬかるみになったりして、靴底のすり減ったウォーキングシューズじゃあ危なっかしいのナンの。

 

 上の写真、土中の『白黴菌』が露出してました。

 

 赤松林なら『マツタケ』の『シロ』? 残念ながら赤松は無し。

 

 

 小さい秋見つけた!

 

 見るからにチョコレートの『きのこの山』

 

 一応非常食代わりにチョコレート買ってきましたけど、ラム酒の効いた『ラミーチョコ』

 

 まだ食べないですよ。

 

 

 九十九折に高度を稼いでようやくガレ場を抜けると『縞枯れ』

 

 成長した樹木が寿命を迎え、立ち枯れると、その周囲の樹木に陽光が良く当たる様になり、他の樹木より成長する。立ち枯れた木は倒木となり、分解されて養分になる。周りの樹木はますます成長。そして寿命を迎える。

 

 このサイクルが繰り返され、徐々に『縞枯れ地帯』は移動しながら成長していく。

 

 いや、詳しくは自分で調べてね。

 

 『縞枯れ』越に『蓼科山の山頂とヒュッテ』が見えてきた。

 

 目標が見えると人間って俄然張り切るもの。

 

 よ~し。今行くから待ってろよ。