パラボラアンテナ

 

 佐久市には、日本一大きい直径64mのパラボラアンテナが在ります。

 

 太陽系外物質を持ち帰ったJAXAの『ハヤブサ』を、交信断絶後も最後まで諦めずに交信を続け、たまたま太陽光パネルに光が当たり発電可能時の、その僅かな交信可能時に信号を送り地球に帰還させた影の立役者です。

 

 映画『ハヤブサ』ご覧ください。

 

 その他、南佐久郡・川上村からは『宇宙飛行士』の油井亀美也さんが生まれています。

 

 野辺山の宇宙観測所には、複数の大小様々なパラボラアンテナを並べ、世界中の観測所と共同で観測しています。

 

 そして昨年、更に佐久市の西側の山中に、『JAXA美笹深宇宙用地上局GREAT』が完成しました。

 

 日本一大きいパラボラアンテナとは山を挟んで隣り合わせなんですけど、中々二つを一緒に写真に撮る事が出来ません。

 

 一遍に見える場所は見つけたんですけど、ガスってたり、パラボラの向きがよく見えなかったり。 いつか撮ってやる。

 

 

 完成後も公開はされていない為、道路から見るだけですが。

 

 青空をバックに真っ白なパラボラアンテナ。

 

 これで、どの位地球から離れた星を観測できるんでしょうかね?

 

 何光年? 何十光年?

 

 いや~夢は膨らみますね。(宇宙も膨らんでますけど)

 

 

 遠くに見えるのは『浅間連山』です。

 

 更にバイクで山道を行くと。

 

 大河原峠の駐車場には『蓼科山』登山者の車が10台以上。残念ながら今回の目的は『ビーナスライン』ですので先を急ぎます。

 

 

 右手前には『女神湖』 バイクの右バックミラーの上に見えるのは『白樺湖』

 

 一番高い山は『車山』山頂付近には『気象観測レーダー』が在ります。

 

 そして稜線の一番右端に見えるのが『美ヶ原』

 

 先ずは『白樺湖』に唯一あるコンビニでおにぎり調達しよ。