蓼科神社partⅡ

 

 入口の『神代杉』に好奇心ワクワク、ムズムズ。

 

 何か面白い事ありそうだと、田んぼの脇を急ぐ。

 

 

 山の端、狛犬が向かい合う先は杉木立の並木となり石段が見える。

 

 光の加減だろうか、それまでの田んぼ中とは明らかに雰囲気が違う。

 

 『結界』? 狛犬の手前で一礼し、歩を進める。

 

 苔むした石段を上り始める。 神域に足を踏み入れたからなのか、緊張感が増す。

 

 

 数段上った所に常夜灯が在り、広場の奥には更に鳥居が並ぶ。

 

 にしてもその更に奥、急峻な登り階段にため息が漏れるが、社らしきものが見える。

 

 取り敢えずあそこまでは行ってみよう。

 

 夏、車から降りる際はペット飲料持参が必須なのは重々承知の上なのだが。

 

 

 ひとつは『天満宮』

 

 

 もう一つは『愛宕神社』が摂社としてお祀りされている。

 

 でも石段下に在った物それは………