蓼科神社里宮

 

 蓼科の県道沿いに白い『立位観音』が建っています。

 

 曹洞宗の寺院『光徳寺』さんですが、すぐ並びに石柱の門が建っています。

 

 てっきりお寺と関係あると思っていましたがよく見ると金属製の幟旗ポール?

 

 

 そして鳥居が在ります。

 

 よくある『神仏混淆』ですか。と近くまで行ってみて驚いた。

 

 『蓼科嶽・里宮』とある。

 

 まるっきり別の『神社』なのね。

 

 しかも傍らの大木。

 

 

 立ち枯れてなお、枝葉繁れる。

 

 御神木であり、柵で囲われている為、触れる事は出来ません。

 

 

 『神大杉』とある。

 

 目通り10mとは、おおよその人の目の高さで、周囲10mの事。

 

 目通り直径の場合もあるけど、直径10mの大木なんて、北米の『セコイア』でも無いと思う。

 

 立ち枯れて樹高39m。もし生きていればその高さたるや!

 

 西田敏行主演映画『火天の城』(だったと思う)に、織田信長が『聚楽第』を建築する際、敵対する木曽義仲領地の大木を親柱にしようとする逸話が出てくる。

 

 その大木の表現。もし現存するならこの『神代杉』より更に高く太い事になる。

 

 今まで見て来た大木と云えば、『熱海・来宮神社の楠』や『鶴岡八幡の大イチョウ』『新潟阿賀町・将軍杉』などなど。

 

 数値として日本一とされるのは『将軍杉』なのだが、やっぱり『屋久島の縄文杉』を日本一としたい。(実物観た事ないですけど)

 

 よ~し。これで口実が出来た。

 

 いつか『屋久島の縄文杉』に遭いに行くぞ。