家畜改良センター茨城牧場長野支所

 

 この長い名前の牧場、以前は『種畜牧場』と呼ばれ、小学校遠足の定番の地でした。

 

 春、桜の大木が芝生広場の両側に並び、花見スポットでも有名でした。

 

 あちこちでバーベキューをしていましたが、『裸火禁止』と『アルコール御法度』の現在、健全(?)な花見が行われているみたいです。

 

 googlemap 航空写真で見てください。

 

 広い牧草地の真ん中を、十文字に『ヒマラヤスギ』の並木が並んでいます。

 

 『ウオーキング』や『ランニング』コースにしている人も多く、又、『蓬』や『ナズナ』、『土筆』などの野草摘みに訪れる人も多いみたいです。

 

 

 軽井沢からの帰路途中、スーパーでお弁当とお茶を買い、木陰でお食事タイム。

 

 風に吹かれながらフト思った。

 

 『軽井沢大橋』から『湯川ダム』に向かう途中、唯一『湯川』に下って行く道が一ヶ所だけある。

 

 この時も下って行くと、行き止まりの場所に一台の軽自動車が停まっていた。

 

 車内には女性が一人。

 

 まさか?

 

 離れた場所で停まって様子を伺っていると、女性は『ギョッ!』っとした反応でエンジンを掛け、その場を走り去った。

 

 何をしていたんだろう? 余り深く考えないでおこう。

 

 極々たまにだけど、バイクで林道を走っていて、山の中の辺鄙な所にポツンと車が停まっている事がある。

 

 春の『山菜狩り』秋の『きのこ狩り』川の傍の『渓流釣り』などならば、そんなに気にはならないけれど、『絶対こんな所に車停めないぞ』みたいな場所にポツンと一台。

 

 怖くて中を見れません。

 

 今回は走り去ってくれたから逆に助かった?