パズルゲーム

 

 石段が混んでいるので裏通り(抜け穴?)を適当に下ってきたらビンゴ。

 

 交番のすぐ上に出た。

 

 バスに戻り、運転手にドア開けてくれ!と言ったのだが、防犯上ガイドさんが戻ってこないと開けられないらしい。

 

 仕方なく港の見下ろせる所でベンチ代わりの石に腰かけていた。

 

 

 駐車場の大型バスは、先発のスペースが開く度にこれでもか‼って位い切り返しを繰り返し、えっ?この狭い場所で方向転換し、出発に備える。

 

 ガイドさんの言っていた「集合時間厳守です。遅れた人待ってられません。後からタクシーで帰ってください。」はこの為だったのか。

 

 ものの見事な連携プレーで「お前のバス其処に入れろ。」その空いたスペースに「〇〇分発のそのバス、そこに入れろ」切り返せない時は、「そのバス、このバス。2メートルずつ下がって。」

 

 出庫時間が書かれたボードと睨めっこで出庫順を確認、出やすい位置に誘導している。

 

 ………昔、ゲームボーイの時代にあった『倉庫番』というパズルゲームにそっくり。

 

 eスポーツで『倉庫番』があるならば、アンタ優勝できるかも。

 

 

 後ろでおばさんの声が聞こえてきた。

 

 「まぁきれいな夜景ね。さっきの立って待ってた人に教えてあげようかしら」

 

 「そんなに混んでるんですか」と尋ねると、「乗り遅れたくないから皆降りてきてるんだけど、座る処が無いのね。」

 

 ラッキー!良かった。ここで座っていて。

 

 

 そろそろ入庫してくるバスは無くなった。

 

 だんだん広がる駐車場のスペース越しに『九份』の街が浮かび上がる。

 

 あ~そろそろ旅行も終わるんだな。

 

 ところが。 姉さん事件です。パートⅡ。

 

 次回です。