タクシー

 

 『迪化街』のフルーツパーラーで『マンゴーかき氷』を食べ、一息ついて。

 

 今日の予定は『九份ナイトツアー』ホテルロビーに16:00集合。

 

 まだまだ時間があるから、昨夜バスの車窓からみて気になった所へいってみようかな。

 

 場所は『松江南京駅』近く。

 

 地図を見ても近くにMRTの駅は無い。タクシー乗っちゃお。

 

 こーちゃん。日本でタクシーに乗る事はまず在りません。

 

 高いもん。2㌔位なら普通に歩きます。

 

 台北のタクシー料金は、日本の半分以下。なら試しに乗ってみよう。

 

 『迪化街』と『民生西路』交差点でタクシーを停めました。

 

 自動ドアで無い為、自分でドアを開けて乗り込みます。

 

 運転手さんに地図を見せ、 駅を指差し、「OK?」 

 

 運転手さん頷きながら中国語でナンタラカンタラ。

 

 身振りでシートベルトを締めろと言ってます。

 

 台湾では、バスやタクシーなど公共交通機関であってもシートベルトは必須。

 

 もしお巡りさんに停められたら、運転手さんが罰金と切符を切られます。

 

 シートベルトを締めたのを見て発進。スムーズに流れにのって、町中を駆け抜けます。

 

 ここでガイドブックにあった注意事項を思い出しました。

 

 タクシーに乗ったら、運転席の後ろにある『営業許可番号』を写真に撮っておく事。

 

 忘れ物や事故の際、捜索の手掛かりになるそうです。

 

 スマホのカメラで写真を撮って………ません。

 

 スマホ出したときには到着してました。

 

 料金NTD400しなかった位。自分でドアを開けてハイお終い。

 

 『初めてのお使い』ならぬ『初めてのタクシー』でした。

 

 なもんで今回写真無いです。