ザゼンソウ

 

 高原の遊水池でよく見かけるのは『ミズバショウ』

 

 白い部分は実は葉っぱで『仏炎苞』と呼ばれています。

 

 花は中心にスックと立っている花芯、オシベも、メシベも此処に集約しています。

 

 誰からも愛される可憐な花です。

 

 『ザゼンソウ』知ってます?

 

 同じ『サトイモ科』であり、やはり葉っぱが変化した『仏炎苞』を持ちますが、こちらの色は『濃いアズキ色』

 

 やはり花芯を持ちますが、名前の通り座って見えます。

 

 しかもこの『ザゼンソウ』ちょっと臭いが………

 

 

 

 開花時期は水芭蕉と一緒位です。まだチョット早かったみたい。

 

 残念ながら開花した写真は撮れませんでした。ご自身で調べてね。

 

 

 何だか『かわい~!』って声出ません? (下ネタじゃ無くて)

 

 『ミズバショウ』も『ザゼンソウ』も成長すると1㍍以上の葉っぱになります。

 

 だって『サトイモ』の仲間だもん。て事は根っこは食べられる?(責任持ちません調べてね)

 

 しかもこれ群生するんです。 又後で来よう。

 

 で見つけた案内図に書かれていたのが『女取湧水』

 

 勿論行きます。