忍野八海

 

 富士吉田市で『ほうとう』じゃ無く『うどん』でお腹いっぱいになったので、国道138号を東へ進む。

 

 途中『富士山レーダードーム館』を通り越し、『忍野八海左折』の道案内で北上。

 

 連なった大型観光バスの後ろをノロノロついて行く。

 

 バスがウインカーをだして右に曲がったので、そのままついて行ったら係員が出てきて、手で大きく✖。入口には大型バス専用駐車場と書いてありました。

 

 観光バスが20台以上。えっもうこんなに人が来てるの?

 

 P 普通車¥300 と看板に書いてある『空き地』(以前は畑だったけど、駐車場の方が確実に儲かるパターン)を見つけた。

 

 『農作や年金以上を確実に稼いでます』的なジャンパー(The North Face)を着たおじいさんにお金を払い、カメラをぶら下げて散策開始。

 

 

 無人販売のお土産売り場などもあったけど表記が

 

 

 『干し椎茸150g¥1000』 安いの? スーパーの値段に比べると………

 

 『国外持ち出し可能ですよ』と中〇の人に書いて貰ったんだろうけど、段ボールって。

 

 一軒の民家をバックに、団体が写真を撮っている。いやどう見ても普通の民家。

 

 確かに手入れされた庭には、綺麗な松の木と、桜の木があったが普通の民家。

 

 話し声が聞こえて来て解った。皆さん中〇の方。

 

 団体を追い越して。

 

 

 白飛びしちゃった『富士山』と『湧水池』そして人、人、人。

 

 会話を聞くと8割9割が中〇の方。『富士山』が無ければ、自分が中国に来ているかの様だった。