山神社

 

 経営コンサルタント会社の『船井総合研究所』の創始者『船井幸雄』氏に

 

 「お金に困りたくなかったら、一度はお参りするべき」と言わしめた神社。

 

 こーちゃん。お金に困りたくないので出かけてみました。

 

 実は去年、富士吉田市の『新倉山神社』まで、『桜と富士山』の写真を撮りに来ていたのですが、その後にこの神社の事を知りました。

 

 

 境内に続く参道の石段には、奉納された『朱塗りの鳥居』が並んでいます。

 

 京都・伏見稲荷などに比べると、数的には少ないですが、神社自体があまり広くありませんから建てるなら今のうちかも。

 

 

 真の信仰によってご利益を得たいです。

 

 真の信仰って?

 

 大和の国を御創りになった『伊邪那岐命・伊邪那美命』から『大国主命』、さらに稲荷神とされている『倉稲魂命』を末社に祀る『大山祇大神』

 

 『大山祇神社』は愛媛県・今治市瀬戸内海に浮かぶ『大三島』に総本社がある。

 

 昨年『しまなみ海道』で『善光寺』大三島まで来たのだけど、高速降りてから更に下道で1時間は掛かるそうなので、断念した神社。

 

 今回はここ『富士山の袂』で参拝させて頂きます。

 

 

 手水所で浄め、先ずは本殿へ。

 

 本殿の中ではお祓いの最中でしたので暫し待機の後参拝。

 

 その後『お伺い石』にお伺いをたてました。

 

 えっ、何をお伺いしたか? それは秘密です。

 

 平日の昼間そこそこ人が居るのにびっくり。

 

 まぁ、こーちゃんもその一人ですけど。