四条公

 

 東京上野・不忍池に『弁天島』が在り、お堂が建っています。

 

 その片隅に『包丁塚』が在ります。

 

 その存在を知ったのは、小学生の時読んだ漫画『包丁人味平』

 

 包丁を扱う仕事の人が、『包丁供養』をする為に建立されました。 

 

 『針供養』の為の『針塚』みたいなものですね。

 

 東京で生活をしていた頃、この『包丁塚』に祈願しました。

 

 「包丁の使い方が上手くなりますように!」

 

 その『包丁塚』が上田に建立されました。

 

 

 『四条公』とは何ぞや?

 

 古式料理作法の開祖とされている人が『四条公』、そして『四条公』をお祀りしているのが『四条公神社』

 

 さて『古式四条流料理作法』とは?

 

 説明が難しいのでyoutubeで観てください。

 

 右手に長い包丁、左手に長い金属の菜箸。

 

 『伊勢神宮』などで、神職として料理を作る際の正式作法とされています。

 

 (解釈が間違っている可能性在ります。自分で調べてね)

 

 でも、料理は清潔さとスピード。

 

 寿司屋の板前さんが引く『御造り』なんて、見ていて惚れ惚れしますもんね。

 

 ここしばらく、廻る寿司屋さん以外行った事無いですけど。

 

 以上。上田の街歩きでした。