一杯のかけそば

 

 一時期かなり話題になりました。

 

 映画化もされ、確か蕎麦屋店主役は『渡瀬恒彦』さん。

 

 涙なしでは観れない映画と評され、いつか子供や孫に読ませたいと絵本も買いました。

 

 でも『タ〇リ』さんが、お昼のバラエティー番組の中で発言した一言が余りにも的を得ていた為、その後は作者のスキャンダル探しに向かってしまいました。

 

 今でも『一杯のかけそば』で検索すればPDF形式で読む事ができます。

 

 

 旧北国街道『柳町』の老舗蕎麦屋さん『おお西』

 

 門松はお正月だからいいとして、店頭ディスプレイに?

 

 兵馬俑のレプリカ始め、宝塔、鬼瓦、水車等々。

 

 メニューも店頭に無かったけど、他に食べられそうなお店は営業してない。

 

 午後2時近くの店内には人の気配が無い。

 

 暖簾くぐりましたよ。お腹空いてるもん。

 

 

 そば茶とメニューと紙おしぼり。(きっとおしぼり業者さんが休みだったんだと思いたい)

 

 メニューを開いて目がテン。

 

 天ぷら蕎麦=¥2000………一番安い掛けそば¥1000を注文。

 

 『一杯のかけそば』が提供されるまでの間に、店内の調度品を観ていた。

 

 カメラ撮影OKの許可を貰ったので何枚か写真に収めた。

 

 残念。容量不足です。次回。