久慈。

 

 北三陸鉄道は、思った程海岸沿いを走っている訳で無かった。

 

 時折見せる海岸線も、夕闇迫る曇り空の下、余りパッとしない。

 

 ここで考えた。

 

 このまま乗車してても海岸線が見えないなら、大きな町で泊って、明日明るくなってから移動しようかな。 

 

 

 辺りは真っ暗になった6時過ぎ、高校生が通学の為どっと乗ってきて満席。

 

 そうか世間一般にはまだ動いている時間帯なんだ。と認識し、行けるとこまで行っちゃえの行き当たりばったりを強行。

 

 

 久慈駅周辺にはビジネスホテルが在り、繁華街もあるみたい。

 

 でもこの時、『八戸行き』が、これ以上のタイミング無いって位スムーズに乗り換え。

 

 『あまちゃんハウス』も寄りたいし、ムフフの久慈の夜も魅力的。

 

 奥に見える『かいけつゾロリ』のラッピング電車も興味あるけど………

 

 

 乗り換えちゃいました。『八戸行き』

 

 JR八戸線。

 

 ウイスキーポケット瓶の2本目が無くなる頃、窓の外は真っ暗になり、白川夜船で気が付きゃ『八戸』

 

 で『八戸駅』と『新八戸駅』考えたあげく『新幹線』の事を考え『新八戸駅』でホテルを探す。

 

 『格安ビジネスホテル・新八戸駅周辺』で検索。今宵のお宿は¥4000。

 

 さっ。牛丼チェーン在るかな?