魚つくし

 

 一週間のご無沙汰でした。

 

 超~昔の音楽番組のオープニングフレーズみたいですけど。

 

 いえ、旅行とかに行ってたんじゃ無いんです。

 

 昨日退院できましたので、今日からお仕事再開です。

 

 病状ですか?   ………ヒ・ミ・ツ。

 

 さてブログは前回の続き。『大船渡温泉』へ戻ります。

 

 訪れたのは昨年11/29。

 

 JR東日本『大人の休日倶楽部・ミドル』を利用しての『三陸海岸・北上の旅』初日の宿です。

 

 

 『牡蠣の養殖いかだ』が綺麗に並ぶ『大船渡湾』

 

 水深が結構あり、大型客船が入港できるそうです。

 

 夕日の見える展望風呂から上がって、ビールをぐびぐび。

 

 夕食は、ホールのテーブルにルームナンバーが並ぶスタイル。

 

 サービスの『地酒』を戴きながら、八寸。御造り。酢の物。焼き物。茶碗蒸し。鮪兜焼き。サンマの塩焼。果物以外全~部~『魚貝類』

 

 さかな さかな さかな。さかなを食べ~ると。

 

 お酒 お酒 お酒。 お酒がすすむのさ~。御替わり!

 

 いや~満足!暫く魚はいいかな。って位。魚尽くし。

 

 だってこの『大船渡温泉』の前身は、船宿。

 

 御主人が獲ってきた魚を宿で提供していたそうです。

 

 でお客さんの喜ぶ顔を観るうちサービス精神が溢れかえって。

 

 だって、神奈川県三崎辺りで、マグロ兜焼き 1人前で幾らすんの?

 

 部屋に戻り、水面に映る『月』を観ながら風呂に入る。勿論ビール。

 

 

 水面が写っていませんでした。