ドラゴン・ライン

 

 一ノ関駅まで戻り、『大船渡線』へと急ぐ。

 

 予め下調べしておいた進行方向左側に着席。

 

 目指すは『猊鼻渓』

 

 色んな船下りがある中、この『猊鼻渓船下り』は、船頭さんが竿一本で操りながら流れを下って行くもの。

 

 冬季はガラス張りの『こたつ船』で、お弁当を食べながら一杯やれる。

 

 でもこの日は11/30。まだ冬装備じゃ無いんですと。

 

 う~ん。雪景色でも無いから今回パス。(それで又悔んだりして)

 

 『猊鼻渓』は、『空飛ぶ団子』でもよく知られている所。

 

 えっ?『空飛ぶ団子』とは何ぞや? ググってみてのお楽しみ。

 

 まあ『猊鼻渓』で下車しなかったんで、『空飛ぶ団子』も又次に来た時のお楽しみ。

 

 冬、雪景色の頃来るぞ!(あっ、『大人の休日倶楽部』間に合うかな?)

 

 

 『猊鼻渓』駅付近では船着き場が見えるらしいけど?

 

 そっか。船はガラス張りへと改装中なのか。

 

 残念ながら一艘も観られなかった。

 

 

 線路を走ってきた『ジーゼル機関車』は、間もなく終点『気仙沼駅』へと到着。

 

 さあ『BRT』に乗り換えだ。

 

 ワクワクしながらドアの前に並ぶ。

 

 ♬ ドラゴン・ナイト ドラゴン・ナイト ドラゴン・ナイト 今宵~

 

 と心の中で口ずさみながら。

 

 次回 『BRT』とは?

 

 (ベーコン・レタス・トマトじゃ無いヨ。 レタスのスペルは『Lettuce』です。)