弁慶堂。

 

 『中尊寺』表参道口から長いダラダラとした坂『月見坂』を登っていくと、左にお堂が在ります。その名も『弁慶堂』

 

 やれ良かった。ちゃんと『中尊寺』ん中に祀られていたんじゃない。

 

 

 小さいながらも手の込んだ彫刻が施されたお堂。

 

 幕のチープさがチョットね。

 

 

 お堂の中には『神棚』が造られ、色艶やかな主君『源義経』?の他、長刀を持った『弁慶』や『如来様』などが処せましと並んでいる。

 

 

 『天井画』も素敵。でも一枚ずつ撮影してたらキリがないからその辺は勘弁してね。

 

 畳や、座布団も新しく、仏具にはホコリも無い。日常的に法要が営まれているみたい。

 

 

 はっは~ん。手前の『弁慶自作の立像』とあるのがこーちゃんに似ているのかな。

 

 これ見た人が『弁慶』とあだ名をつけたのか。

 

 おっ蒸し器に掛けて置いた『モチ米』が蒸けたたみたい。

 

 今年、イヤ平成最後の餅つきです。(何か平成最後って多用され過ぎて、安っぽくなって無い?)

 

 やっと今日からゆっくり寝られ………夜、年越しそばの係りだった。

 

 本年中色々有り難う御座いました。来年も宜しく。

 

 皆さん。良いお歳を。