千手院partⅡ

 

 神社仏閣には、土地の権力者や、豪農などが奉納した立派な『額』が沢山ある。

 

 200年も以前の物だったりするが、その場所にず~っとあるんだろうな。

 

 

 本堂の天井画にも、極彩色の天上界が描かれている。(天井と天上、解った?)

 

 『琵琶』を弾き、『包』を鳴らす天女。

 

 

 『しょう』(漢字変換できなかった)を吹き、

 

 えっ!こちらは鷹のような『翼』が描かれている。初めて見たな。

 

 

 こちらは武将の必勝祈願かな、年号は『弘化』

 

 1845年とある。明治22年。

 

 『日本国憲法』が制定され、世の中は日清戦争へと突入していく頃。

 

 重たい歴史も掲げられていた。

 

 外に出て。

 

 

 この紅葉で心を癒す。