松原湖

 

 紅葉を観に、バイクで向かった先は『松原湖』

 

 でもこの『松原湖』は小海線の駅名になっているにも係わらず正確には存在しない。

 

 猪名湖、長湖、大月湖を合わせた総称であり、時に『猪名湖』を俗称で『松原湖』と呼ぶ。

 

 駐車場の案内にも『松原湖』と書いてあったけどなぁ。

 

 

 色付いた『カエデ』と湖面に揺れる白鳥の足漕ぎボート。

 

 対岸には広葉樹と針葉樹のグラデーションが得も言われぬ色使いを見せる。

 

 おんやぁ?

 

 湖面の色が変じゃない?

 

 いつもは澄んだ水面が向こう岸を映すのに、何故だか『青い池』(いやコバルトブルーと云うべきか)にも似た様相。

 

 

 ニュースでも報道されましたが、流れ込む稲子川に、温泉成分が混ざり込んだ事による『化学反応』らしい。

 

 でも『稲子の湯』も『稲子川』も無色透明だったような気がするんですけど。

 

 現在の湖面は、透明感あるいつもの湖に戻っているそうです。

 

 逆言えば貴重な写真なのかも。