旧志賀草津有料道路

 

 バイクの免許を習得したのが40年も昔も事。

 

 11月の飛石連休の事を『シルバーウィーク』と呼んでいた頃でもあります。

 

 忘れもしない11月2日、高校の授業を終え、テント、寝袋、などキャンプ道具一式をバッグに詰め込んでやって来ました。志賀草津有料道路料金所。

 

 草津経由で入った為に、辺りは真っ暗。料金を払おうとすると『寒かったろ。お茶一杯飲んでけ』と事務所に誘ってくれました。

 

 暖房の効いた部屋で温まっていると、料金所の電気が消え、『後はタダで通っていいから」ですと。

 

 有料道路の徴収時間(営業時間)は決まっていて、それ以外はタダなんですと。知らなんだ。

 

 粋な料金所のおじさんに有り難うと告げ、志賀高原へ。

 

 でも目的地は『秋山郷・切明温泉』

 

 志賀高原の『大池』だったか『蓮池』だったか『丸池』だったか、分岐の目印は『〇池』の看板だけ。

 

 砂利道の林道を抜け、真っ暗な中広場を見つけてテントを設営。ご飯も食べずに寝袋の中。

 

 朝。目が覚めて驚いた。

 

 辺り一面『銀世界』しかも広場と思ったところは分校の校庭。

 

 凍える手でテントを丸め、何とか荷物をバイクにくくり付け、積雪の中を『秋山郷』脱出。

 

 ひょっとしたら『命の危険』を何とか乗り越えたんです。

 

 降雪後の道をベチャベチャ、ドロドロになりながらナンとか帰還。

 

 国道沿いに見つけた『焼肉食べ放題』の店で丸一日ぶりのお食事。

 

 テーブルのガスコンロで手を温めながら。

 

 と。随分長い昔話になりましたけど、その後も何度もこの道を走るた度に思い出します。

 

 

 こんな景色を眺めながら。