澗満滝。

 

 中野一本木公園で、おにぎりとお茶でお昼。

 

 さてその後は………

 

 湯田中で温泉でも入ろうか?スノーモンキーでも見に行こうか?

 

 そうだ『志賀高原の紅葉』を見に行こう。

 

 

 よくカレンダーなどに『氷瀑』の写真が掲載される『澗満滝。

 

 国道を志賀高原方面に走っていくと、案内看板が立っている。

 

 駐車場から4・5分も歩けば展望台。落差は『米子瀑布』の方があるが、水量は『澗満滝』これが全部凍り付いて氷瀑になるんですよ、もうじき。

 

 しかもそこを『アイスクライム』する人がいるってんですから!

 

 くれぐれも滑落などしませんように。

 

 さらに高度を上げていくと。

 

 

 一年中『靄』のような水蒸気(ホントは水蒸気は目に見えません。湯気です。)が上っている所。

 

 『平床噴泉地』

 

 

 所有者が商売上手なら、『ゆで卵』や『蒸野菜』なんぞの販売店が立ってんだろうけど廻りに何も無し。

 

 温泉宿への分配小屋が建っていただけ。

 

 大〇谷名物の『黒卵』になんね~かな。